山狭の里自然育ちの有機栽培のお茶

野菜でも何でも食べ物は、有機栽培などに注目が集まっていますが、お茶通販では有機栽培のお茶を取り寄せすることもできます。山狭の里自然育ちの有機栽培一番茶は、味わいにもこだわった健康志向のお茶です。静岡県春野町は城南有機栽培茶のメインとなる原産地でもあり、南アルプスの山が連なる高地エリアになります。山々は標高六百メートルを超えますので、生育条件として茶樹にも厳しい面はあるものの、ほかの畑が茶園週にはありませんので、畑からの農薬などの影響はないです。だからこそ有機栽培を行うことができますし、味わいにももちろん妥協がありません。

お茶通販ではお茶の香りがふんわりと香る、粒あんの風味も引きたる茶の香まんじゅうも取り扱っています。賞味期限はお届け後5日ですから、早めに食べきる必要がありますが、生地には贅沢に深煎り茶葉を練りこんでいて、食べた後味までさわやかです。お茶の風味が豊富に香おまんじゅうは、お茶屋だからこそのこだわりで仕上がっています。原材料に白インゲンや桜葉などを使用しているのは、もちもちの食感を味わうことのできる桜くず餅ようかんです。桜葉の品のある香りは上品ですし、ももちもちした食べ心地は、素葛で仕上がっているからこそのおいしさがあります。優しい甘さが口の中に広がる、紅はるか芋羊羹は、自然な紅はるか芋の味わいが特徴です。

深いコクが自慢の満足度の上がる極芽茶

お茶通販では深いコクが自慢の、お茶好気にも好評な極芽茶も選ぶことができます。茶葉の先の目のところを使うのが芽茶であり、煎茶精整で選ばれた粉を使うのが粉茶です。コクがある小さな玉状の若芽を、惜しみなく収集している、丸みを帯びた優しいお茶葉、味わいは濃いといえます。薄いお茶や濃いお茶など好みはそれぞれですが、濃いお茶を好む人に向いているお茶です。お茶の持つ旨味がぎゅっと凝縮をされているのが芽部分であり、力強い風味があって濃厚な味わいもあります。粉茶には茶葉の持つ渋みがあり、味わいにはキレがあるので、濃厚な味わいを求める人向けです。

お茶通販のポリサッカ王は原料がお茶ですから、医薬品とは異なり健康のためにも、安心して毎日飲むことができます。水出しで飲むことができるので簡単ですし、前の晩に水に入れて一晩抽出をすれば、翌日にはもう飲むことが可能です。ポットなどに水を700mlほど用意して、3袋を入れたら冷蔵庫に入れておきます。一晩抽出するのみで簡単に飲めますが、加熱にはたいへん弱いので、水での抽出をするタイプです。飲む時間帯に決まりはないものの、食事と一緒に飲むのは良い方法になります。体脂肪を考えるお茶も、ポットで手軽に作ることができますし、健康管理の助けになるお茶です。